更新日: 2010-12-26 00:57:20

なんでおせち料理は重箱に入れるの?

著者: fuuka3

編集者: fuuka3

閲覧数: 399

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by rhosoi

おせち料理は重箱に入っていますね

STEP1 おせち料理は、普通のお皿ではなく、重箱に入れます。

なぜでしょうか?

積み重ねることができるため、【福を重ねる】という意味があります。

年賀に来るお客様にも振る舞えるように、また保管しやすいように、
現代でも受け継がれています。

STEP2 正式には、5段の重箱を重ねます。

1段目から4段目までは料理を入れ、5段目は年神様から授かった福を
詰める場所として空っぽにしておきます。

一の重は1番上の段で、正月にふさわしい祝い肴を詰めます。
そのなかでも、数の子・黒豆・田作りを【三種肴(さんしゅこう)】
といい、欠かせないものとされています。

二の重には、縁起のいい海の幸が中心です。
ぶり【出世魚のぶりで立身出世を願う】
鯛【めでたい、にかけて】
海老【腰が曲がるまで長生きできるように】

三の重には、山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるよう煮しめを
いれます。

四段目は、忌み数字の【四】は使わず、【与の重】とします。
生野菜をバランスよく、日持ちのする酢の物を入れます。
・紅白なます【紅白でめでたく、祝いの水引にも通じる】
・菊花かぶ【菊は邪気を祓いと不老長寿の象徴】

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する