更新日: 2010-12-25 23:56:56

自律神経を整える方法

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 367

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by iandeth

自律神経は自分の意志ではコントロールできませんが、ストレスを感じた時に緊張をほぐして、疲れに負けないようにすることが大切です。

STEP1 ◆ リラックス1

筋肉の緊張をほぐす

筋肉は自律神経と密接につながっています。
筋肉が収縮すると一緒に自律神経も緊張し、緩めると自律神経もリラックスします。

STEP2 ◆ リラックス2

腹式呼吸

深くゆっくり呼吸することで、緊張していた自律神経を静めることができます。

STEP3 ◆ 足のツボを刺激する

全身のツボが集まっている足の裏を刺激しましょう。
血行が良くなることでこわばった筋肉がほぐれ、症状が和らぐと同時に自律神経の緊張を和らげます。

テニスボールやゴルフボールなど適度な大きさのボールを用意し、足の裏でゴロゴロ円を描くように転がします。
ちょっと痛いくらいがちょうどいい刺激です。

STEP4 ◆ 生活習慣の見直し1

食事

バランスの良い食事が基本です。
ビタミンとミネラルの不足には気をつけましょう。
レバーやひじき、ほうれん草をとるように心がけましょう。

STEP5 ◆ 生活習慣の見直し2

睡眠

ホルモンの分泌が活発になる、午後10時から午前2時の間は寝ている状態にしておきましょう。
睡眠時間は7時間はとるようにし、寝る3時間前に食事は済ませておきましょう。

STEP6 ◆ 生活習慣の見直し3

運動

特に下半身の筋肉を鍛える、スクワットなどがおすすめです。
また、ウォーキングや水泳などの有酸素運動も基礎体力が付き疲労に強い体を作ることができます。

STEP7 ◆ 生活習慣の見直し4

入浴

入浴する温度によって、神経作用が違ってくるので注意。
40度を基本に、40度以上は交感神経を活発にし、40度以下は副交感神経を活発にします。
なので、活動的になりたい朝は40度以上の温度で入浴すると最適です。
また、リラックスしたい夜などは40度以下の温度で入浴するのがベストになります。
夜入浴するとき温度が低いので寒い冬などは、特に半身浴でゆっくり入浴することがおすすめです。

STEP8 ◆ 叫ぶ

ストレスを感じた時は思うままに叫びましょう。
車に乗りながら、音楽のボリュームを上げて叫ぶと誰にも気づかれませんし、いつでもどこでも叫べます。

STEP9 ◆ プチ断食

断食をすると命が危険にさらされるため、生き延びるために自律神経が活発に働くようになります。
ただ、断食中も水分だけは必ず取るようにしましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する