更新日: 2011-07-20 10:01:49

長距離飛行時の心得

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 529

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by EF Photography

何度も飛行機での旅行を経験されてる方なら、機内で体調を崩した時の対処法をご存知と思います。一般的なものは、空気圧の変化や内耳障害から体の平衡バランスが取れなくなる症状で、乗り物酔いの一種です。健康的な人でも起こります。そこでこれらの症状を防ぐ簡単な方法をお教えしましょう。

STEP1

調子がおかしいなと感じたら、まずナツメグを半分に割り、舌の下に挟み入れましょう。ナツメグは精神安定効果があります。舌の下に入れることで、血流に早く流れこみます。

STEP2

乗り物酔いし易い体質であれば、飛行機に乗ったらすぐに、ジンジャーティーを飲む事をおすすめします。航空会社がジンジャーティーを提供してない(多くはしてません)ようでしたら、自分で持ち込んでお湯だけもらって作ります。またはジンジャーエールをもらっても良いでしょう。ショウガには吐き気防止効果があります。何かあった時のためにショウガのカプセルを用意しとくのも有りです。

STEP3

フライト前に砂糖の炭水化物を多く含んだ食事を摂らないようにしましょう。砂糖と炭水化物はアドレナリンを放出させるので、吐き気を感じたりすることがあります。もしフライト前に何か食べるのであれば、高タンパクで野菜の付いた食事をおすすめします。

STEP4

ペパーミントオイルは乗り物酔いに効果的です。機内に持ち込めれば良いのですが、出来なければ、代りにペパーミントガムなどを持ち込みましょう。

STEP5

氷をもらいましょう。氷は胃を休めたり、乗り物酔いを抑える効果がります。

STEP6

窓側の席か、通路側の席かも重要です。落ち着く方を選んで席を予約しましょう。

STEP7

席の上に付いている通気孔が顔の方を向いているか確認しましょう。空気を多く摂る事で乗り物酔いは軽減されます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

20

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する