更新日: 2011-01-06 23:36:01

大根の皮を美味しくいただく方法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 153

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by emrank

お財布にも環境にも優しい「エコ・クッキング」、はじめてみませんか?

STEP1 <エコクッキングとは>

エコ・クッキングとは、環境のことを考えて、「買い物」、「料理」、「片づけ」をすることです。エコはエコロジーの略、環境を大切にしようという意識を高めるための言葉です。
※参照:東京ガスホームページ
※エコ・クッキングは東京ガスの登録商標です。

STEP2 <可食部を増やそう>

可食部とは、食品のうちの食べられる部分のこと。普通なら「固くて食べられない」と見なす部分も、切り方を工夫したり一手間加えることで、美味しく食べることができます。廃棄する部分を減らし、なるべく手を加えて食べるようにすることで、可食部を増やすことができます。これがエコ・クッキングの発想です。

STEP3 <大根の皮の美味しい食べ方>

1.普段の料理に皮ごと使う
煮物や味噌汁の具にするような場合は、よく洗ってから皮ごと切って一緒に料理します。大根おろしも、そのまま皮ごとおろします。
ふろふき大根など柔らかく仕上げたい場合は、皮を剥きます。

2.剥いた皮だけ料理する
皮を剥くとき厚めに剥きます。
・きんぴら…剥いた皮を細切りにし、ごま油で炒め、みりんと醤油で味付けします。
・かき揚げ…剥いた皮を細切りにし、小麦粉、卵、水で作った衣に絡めます。直径5cm程度にまとめ、170℃の油で揚げたらできあがり。

まとめ

旬の素材を大切に使うことが、よりいっそうのエコにつながります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する