更新日: 2010-12-25 18:09:17

フコイダン(フコダイン)の働きは何?

著者: rokumonnsenn

編集者: rokumonnsenn

閲覧数: 157

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Sig.

褐類藻(モズクや、コンブ、ワカメ、メカブなどの海藻)の表面を被っている「ヌルヌル」にふくまれている成分という事です。
これは、硫酸化多糖体の一種です。

STEP1

この「ヌルヌル」の働きは、早い潮の流れで、砂や岩等で、傷ついた時にその傷口をおおって、細菌が入り込むのを防ぐ役割をもっているという事です。
又、引き潮で、海藻が海面より上に出てしまったときには、乾燥を防ぐ役割もあるという事です。このことは、1913年にスェーデンのH.Z.キリン博士によって、すでに発見されていたそうです。

STEP2

フコダイン療法とは、フコダインを用いてガンに対しての治療を行うものという事です。
最近色々な会社から、このフコダインのサプリメントが出てきていますが、これは、代替療法の一つで、過信は禁物ですが、病院との治療と一緒にこのフコダインも摂取すると良いのかもと思います。

まとめ

ガンになると、少しでも良いと言われるものを試したくなります。
このフコダインは、自己免疫力を高める働きがあることは、実際に認められているということですから。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する