更新日: 2010-12-25 18:07:46

発芽玄米の効用

著者: rokumonnsenn

編集者: rokumonnsenn

閲覧数: 223

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by baligraph

発芽玄米は、血圧上昇を抑える働きがあるガンマアミノ酸(通称ギャバ)が、玄米より多く、白米の約10倍程度含有していると言われています。
発芽玄米は、玄米を約1~2日程度、摂氏32度前後に状態で水分を含ませ、1mmほどの芽が出た状態にしたもので、市販されているものは、人工的に成長を止め、保存性のために再乾燥等がされているようです。

STEP1

玄米は、白米より栄養豊富で、玄米の米糖には、美白、美容効果があるとされているという事です。発芽玄米は、さらに発芽時の酵素の働きで、玄米に、もともとふくまれていた栄養成分が増え、玄米状態では、十分に吸収しきれない成分や新しく有効な成分を発生するとあります。又、ビタミンB1、ミネラルも豊富に含んでいるという事です。

STEP2

玄米よりの消化も味も良い、発芽によって様々な酵素が活発化されるため、胚乳に蓄蔵されているデンプンやタンパク質が分解され甘みや旨みが増すそうです。
発芽玄米は、炊飯器で、白米と同じように炊く事ができるので、調理しやすいものです。
米アレルギーの原因となるアレルゲンが白米や玄米に比べ、低減化されていることも発見されていうとの事です。

まとめ

白米の中に、少し発芽玄米を混ぜ込んで頂くのがお勧めです。白米の味に慣れていたら得にです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する