更新日: 2011-07-19 14:51:45

干支(十二支)の由来

著者: rokumonnsenn

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1262

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Dakiny

来年はの干支は、「ウサギ」ですね。初めてお会いした方に、話しの切っ掛けに、その方の干支を聞いたりしませんか?単刀直入に年齢なんて、聞けないですから。
それで、新しい年にもなりますから、干支について調べました。

STEP1 まず、干支の順番の決め方です。

一般的に言われているのは、ネズミが一番になった理由です。それは、牛が自分は、歩くのが遅いから、神様のところに行く約束の日の随分前から出発しました。その牛の背中にネズミが乗って、一緒に出かけました。約束の日の前日に牛が着いて、いよいよという時に、牛の背中から、ネズミがピョンと降りて、一番に神様に会ったから、ネズミが一番で、牛が二番になったというお話です。
この話の続きに、ネコが何故干支に入っていないかというと、ネズミがネコに一日遅い日を教えたから、ネコは、神様に会う事ができなかったので、いまだにネコは怒っていて、ネズミを見ると追いかけまわすというものです。

STEP2 干支の順番です。

子(ネズミ)=すぐに、子ネズミが増え成長するかとから、子孫繁栄の意味を持っているとあります。
丑(牛)=肉は大切な食料に、力は労働にと社会と密接に関わるという意味を持っているとあります。
寅(トラ)=毛皮の美しい模様から、前身は夜空に輝く星と考えられ、決断力と才知という意味を持っているとあります。
卯(ウサギ)=ウサギの穏やかな様子から家内安全を、跳躍する姿から飛躍の意味を持っているとあります。
竜(龍)=伝説の生き物で、中国では、権力者の象徴として扱われていて、正義感と信用という意味を持っているとあります。
巳(蛇)=恩を忘れず、助けてくれた人には、恩返しを行うと言われていて、探究心と情熱という意味を持っているとあります。
午(馬)=人の役にたつという事で人間も馬を大事に扱っていて、陽気で派手好きという意味を持っているとあります。
未(羊)=群れをなす事で、家族の安泰を示し、平和にくらすという意味を持っているとあります。
申(猿)=山の賢者で、山神の使いと信じられてたので、信仰の対象としての意味を持っているとあります。
酉(鳥)=人に時を知らせると言われ、商売などに縁起が良いという意味を持っているとあります。
戌(犬)=人との付き合いも長く、社会性があり、勤勉で努力家という意味を持っているとあります。
亥(猪)=万病を防ぐと言われ、無病息災の意味を持っているとあります。

まとめ

新しい年に、干支を話題にして、盛りあがるのも良いかなと思います。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

10

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する