更新日: 2010-12-25 11:34:45

年末には掃除をしたい車の中・その方法は?

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 5803

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

車の外側は、洗車したり、ワックスをかけたり、一生懸命手入れをしますが、さて、社内となると、雑巾でさっさーーーー!と言う人も多いのではないでしょうか?

忙しくて大変ですが、せめて年末ぐらいは、、ご苦労様の意味をこめ、キレイにしてあげたいものです。

STEP1 意外な汚れの、シートや床

Photo by gracs

ブラシで運転席のシートを洗います。
見かけ以上に汚れているものです。汚れを放っておくとダニや雑菌が増え、悪臭の発生の原因となります。
一見キレイな座席シートでも、運転席と助手席のシートを専用洗剤や水を含ませたブラシでこすってみたり、その後、表面の水分を専用掃除機で吸い取って見ると、中の水は真っ黒になります。想像していた以上の汚れでした。手足が触れたり、ほこりや排ガスが就いてiいまうすから、
、シートはかなり汚れているといいます。

STEP2

Photo by gracs

ホームセンターやカーショップで泡状の専用シートクリーナーが売られています。柔らかい毛の小判形ブラシでこすり、すぐにぬれたタオルで拭き取って乾燥させよう。

車内のフロアマットをめくると、床には枯れ草、ビニール片などの細かいゴミが散乱しています。靴底の汚れや、飲食した時に落ちたゴミが、生地に食い込んで手で取りにくいものももあります。狭くて取りにくい場所は、割り箸を使ってゴミを取ると、キレイに取り出せます。

STEP3

見落としてしまうのが、開閉部のゴムパッキン周りと給油口の周りです。雨水が入り込みやすくてコケや水あかで汚れていたりしています。パッキンを長持ちさせるためにも、ぜひきれいにしておきましょう。

乗った人が嘔吐したり、運搬中の灯油をこぼしたりなどで車内清掃を専門の業者さんに頼む人が多いそうです。
清掃の方法は車種や材質などでそれぞれ異なることもあり自分でできることにも限界があります。困ったら専門の業者に相談するのがベストかと思われます。

まとめ

ブラシ
タオル
泡状シート専用クリーナー
隙間のゴミを取る割り箸

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する