更新日: 2010-12-26 01:38:25

赤ちゃんが歩きはじめたら

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 232

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by pocketwiley

あなたの赤ちゃんが活発な元気な子だったら、歩くようになったり、動きが激しくなったら注意してあげて欲しいことがあります。

STEP1 肘内障(ちゅうないしょう)って聞いたことありますか?

ひじの細い靭帯がずれる、俗に言うひじが抜ける状態です。腕をまっすぐ伸ばした状態でひじから下を強く引っ張るとなります。
見た目には腫れたり、外傷もないので最初は気付いてあげにくいのですが、楽しく遊んでいたのに突然腕をだらんと下におろしたまま、泣きだしたりしたら肘内障を疑ってください。
(パパとのアクロバティックな遊びの時などは要注意です)
なるべく早く整形外科に連れていって治してもらいましょう。

STEP2

肘内障がやっかいなのは、一度なってしまうとくせになって繰り返す事です。
我が家の場合は、手を洗おうと袖口を引き上げただけでなってしまった事がありました。
小学生になる頃には、靭帯も強くなり自然に起こりにくくなりますが、それまでは急に腕をひっぱったりしないよう、親が気をつけ、一緒に遊んでもらう機会がある大人には事前に説明しておくことをお薦めします。

まとめ

手をつないで歩いていて転びそうになったりなど、とっさの時も手やひじから下の腕でなく、二の腕をつかむよう心がけましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する