更新日: 2011-07-20 14:45:50

バッチファイルに色を加える方法

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 302

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Yutaka Tsutano

色でバッチファイルのテキストを強調することができます。
バッチファイルは複数ウィンドウでのタスクを自動化できます。たとえば、バッチファイルに「dir」コマンドを加えることにより、ファイルを実行したりディレクトリ内のリストを表示できます。
バッチファイルの表示はコマンドウィンドウに現れます。
コマンドウィンドウに現れるテキストはエラー、警告、情報メッセージかもしれない。
バッチファイルを強化する方法の1つはテキストの行別に色を追加することです。


STEP1 ノートパッドを開いて以下のテキストを入力します。

ECHO Before color change

PAUSE

Color 17

ECHO After color change

PAUSE

これでバッチファイルを作成します。
1行目は「Before color change」というテキストを表示します。
2行目は、そのテキストを読めるようにするのにバッチファイルの実行を一時停止します。
3行目は、文字や背景の色を「Color」のあとにある数字によって変えます。
この例では数字は17です。
4行目は「After color change」というテキストを表示します

STEP2

「Ctrl+S」を押して「名前をつけて保存」ウィンドウを開きます。
「Batch_Color_Test.bat」とファイル名のテキストボックスに入力して、「保存」をクリックします。

STEP3

Windows エクスプローラを開き、先ほどのバッチファイルを探します。
そのファイルをダブルクリックします。
コマンドウィンドウが開いて最初の行のテキストを表示するでしょう。
そのテキストは黒い背景で白くなっているでしょう。

STEP4 「Enter」を押して続けます。

バッチファイルは2番目の行のテキストを表示するでしょう。
そのテキストは青い背景で白くなっているでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

10

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する