更新日: 2011-07-20 15:22:46

ウール製のドレスをどう荷造りのときにつめるか

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 302

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ellenm1

ウールのドレスを正しくつめればシワ直し代いらず旅行のときの荷造りは衣服にシワをつけたくないとストレスを感じるでしょう。ウール製ものは荷造りが本当に難しく、シワは簡単についてしまいシワ取りにはスチームや圧力が必要になってしまいます。衣服用のカバンはあまりよくなく、ウール製のものはスーツケースに入れた方がいいです。幸い、基本的な荷造りの仕方でスーツケースの中で何時間かしたあとでもウール製のものをシワがつかにすることができます。

難易度:簡単

STEP1

スーツケース下部のくぼみを埋めましょう。靴下や下着などの軟らかいものでくぼみを埋めて、衣服がカバンのフレームでシワになるのを防ぎ軟らかいクッション替わりになります。

STEP2

ウール製のものをシワの真ん中でもち、スーツケースの広くて平行な下部に置いて下さい。ベルトはスーツケースの端に移しましょう。ズボンの足はカバンの側面に覆いましょう。

STEP3

他の衣服をウール製の上に置きましょう。スーツケースに入れた全部の衣服に注意しましょう。ズボンの足はカバンのふちに垂れ下がっています。靴や化粧品など固いものは直接服の上に置かないようにしましょう。

STEP4

他の衣服を覆っているズボンの足を持ちましょう。折り目をつけないようにそっと残りの衣服の上に重ねましょう。長いズボンなら慎重に衣服の縁とスーツケースの縁の間の隠れている鍵の部分を上げて、ヘリを潰さないようにしましょう。

まとめ

もしウール製品にシワがついてしまったら、ホテルの部屋の浴室のシャワー近くに掛けてましょう。この蒸気でプレスなしにシワをとることができるでしょう。




【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する