更新日: 2010-12-27 13:24:02

5年後差がつくUVケア

著者: jc17

編集者: jc17

閲覧数: 204

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by IbaGeo

シミは出来るのは簡単ですが、消すとなると相当な努力とお金がかかります。紫外線によるお肌のダメージ予防は、なんとなくではなく、完璧にこなしましょう。

STEP1

まずは日焼け止め。日常的な生活なら、SPFは25くらいあれば十分と言われています。しかしこれもきちんと規定の量を塗った場合のみ。べたつくのが気になるという理由から、薄目にのばしていては、きちんとケア出来ていない可能性もあります。大量に日焼け止めを塗りたくない人は、下地やファンデーションでもUVケア効果の高いモノを選びましょう。三層になるので、効果も高くなりますよ。

STEP2

また、UVケアは、その日の予定に合わせて変化をつけましょう。日常的な紫外線と、レジャーなどでゲレンデや海などに出掛ける日では、紫外線を浴びる量に大きな差があります。頬や鼻など、日焼けしやすい部分には重ねてつけたり、UV効果の高いモノを選んで付けたりと工夫しましょう。

また、日焼け止めは塗り直しが肝心。顔がべたついてきたり、汗をかいたりした時は、ティッシュで余分な皮脂を軽くおさえてから日焼け止めを塗り直し、更にファンデーションを重ねましょう。

シミは数時間の油断でも出来てしまいます。
毎日の地道なUVケアが5年後10年後に差となって現れますよ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

48

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する