更新日: 2010-12-24 16:10:40

蒸しタオル健康法

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 222

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by senov

温めたタオルは
様々な健康法につかえます♪

STEP1 熱いお湯に浸して絞るか、あるいは水で絞ってレンジで

温めたタオルを3つ折りにして痛む個所にあてます。
火傷しては困りますが、あてた個所が少々、
熱いと感じるくらいの方がよいです。

STEP2

◎後頭部にあてる(頭痛・風邪・発熱・歯痛・中耳炎に効果的です)

 (1)首のつけねのへこみのあたりから首にかけてタオルをあてて
    延髄を刺激します。
 (2)4~5分してタオルが冷めたらタオルをまた温めてあてます。
 (3)この繰り返しを様子を、観ながら3~5回繰り返します。

 ※(1)~(3)を子供の場合は6時間おき、
       大人は8時間おきに行うといいようです。

STEP3

◎患部にあてる(ぜんそく・眼精疲労・関節炎・肩こり・腰痛などに効果的です)

 (1)患部に直接蒸しタオルをあてます。
 (2)4~5分したら冷めたタオルをまた温めて、あてます。
 (3)この繰り返しを、様子をみながら3~5回繰り返します。

まとめ

蒸しタオルは症状の緩和はもちろん、
リラクゼーション効果も期待できます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

タオル