更新日: 2010-12-24 09:21:41

やっかいな歯「親知らず」

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 426

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

生えてくるとき痛む、やっかいな歯「親知らず」

1番奥の歯で磨きにくく、虫歯になりやすい、やっかいな「親知らず」!

そして抜歯のときには、他の歯の数倍も痛い、やっかいな歯「親知らず」

このやっかいな歯「親知らず」はどうして生えてくるのでしょうか?

STEP1

Photo by gracs

親知らずが生えてくるのは、遺伝的要因によるものです。そのために生えてくる人と生えてこない人がいます。本来は、歯の数は遺伝によって、生まれたときにすでに永久歯の卵を持って生まれてきます。最近は、人によっては、何本かの親知らずを元から欠落していく傾向にあります。
進化、または、適応であるといえます。両親は親知らずがあっても、子供はない場合もあります。

STEP2

Photo by gracs

親知らずは、思春期において顎の発達が十分であれば、歯ならびに影響を与えることなく正常に生えてきて、正常な咀嚼機能として役に立ちます。

昔は、今に比べて、硬い食べ物が多かったので、必要でした。食生活習慣の変化に適応が追いついていないということです。
特殊なケースでは、歯を失ったときに移植する為の歯として役立つケースがあります。

まとめ

通常、成人の歯の数は、親知らずを含めると最大で32といわれています。まれに過剰歯とよばれ、余分に生えることもあり、一種の奇形と考えられていますが、解剖学的にはバリエーションの一つです。

奇形といっても、個人個人で少しづつ異なるバリエーションですので、そんなに気にする必用はありません。。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する