更新日: 2010-12-24 06:16:23

はねつきを楽しむ方法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 316

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ototadana

お正月ならではの遊びといえばはねつき。お正月には張り切ってはねつきしませんか?

※本記事は、日本文化いろは事典を参照して作成しています。
http://iroha-japan.net/iroha/B04_play/05_hane.html

STEP1

はねつきとは、羽子板(はごいた)と呼ばれるラケットのような板ではねをやりとりする遊びで、主に新春の厄除けの遊びとして女の子に親しまれています。また、はねつきに使用される羽子板は押絵(おしえ)と呼ばれる伝統的な装飾法で飾られているものもあり、はねつきに使われる以外にも商売繁盛の縁起物として店内に飾られることがあります。

STEP2

遊び方には、2人で対しあって行う方法(追羽子〔おいはご〕)と、1人で何回突けるかを競う方法(貸しっこ)の2通りがあります。

追羽子は互いにはねの飛距離程度離れて向かい合い、交互に突き合います。失敗してはねを地面に落としてしまったら墨を顔に塗らなければなりません。

「貸しっこ」は、古くから唄に合わせて遊びます。「一子(1)に二子(2)、見(3)渡しゃ嫁子(4)、いつ(5)よりむ(6)さし、なーん(7)のや(8)くし、ここの(9)じゃ十(10)よ(以下20、30と数える)」などと地域により特徴のある歌詞をつけて歌われます。

STEP3

遊ぶ用のはねつきセットは、玩具店などで購入できます。墨は書き初め用のものを転用しましょう。
最近の公園には「ボール遊び禁止」のところが多く、はねつきがOKかどうかは事前によく確認してください。バトミントンの可否に従えば間違いないと思われます。

まとめ

お正月ならではの遊びを楽しんでください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

羽子板、羽、墨