更新日: 2010-12-24 05:19:12

40際過ぎの人の目のケアー

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 130

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

40歳すぎたらぜひ、眼底検査を受けましょう。

眼から他の病気が発見される事もあります。

STEP1

Photo by gracs

医学の進んだ現代では、眼底検査をすることで、全身疾患の発症を予測する可能性もあります。

血圧が正常であっても、眼底検査受けた結果、「網膜細動脈」と呼ばれる、血管のサイズが細い人は、後に高血圧を発症するリスクが高いことが明らかになっています。

眼底検査によって発見される目の病気の一つに、「加齢黄斑変性症」があります。これは、視野の中心部で物がゆがんだり小さく見えてしまう病気ですが、その重症度と、脳卒中や心疾患及び認知症の発症率との間に関連があることが分かっています。

このうち脳卒中では、より重症の新生血管を伴う「加齢黄斑変性症」は発症リスクが約2倍と、高くなっています。

眼底をめぐる他疾患との関係性が次々と解明されてきていますので、40歳過ぎての眼底検査は、意味があり、大切です。

STEP2

レーシックの手術は、老年になって白内障などの病気になったとき、手術を受けられない可能性もあるようです。

レーシックで、角膜の削るので、角膜が薄くなっているのが原因です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する