更新日: 2011-01-04 20:05:08

古典に興味を抱かせる方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 195

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

古典は、興味がない子どもにとっては全く面白くないものです。そんな子どもに古典の面白さを伝える一つの方法です。

STEP1 ①好きなことわざを一つ挙げさせる

まずは、好きなことわざを一つ挙げさせましょう。
好きなものでなくても、とりあえず思いつくものでも良いです。

以下、このことわざが大切になります。

STEP2 ②そのことわざの出典を調べさせる

普段何気なく使っていることわざですが、
それにも出典があります。

その出典は、古典・漢文にあることが多いです。
探る方法としては、まずは『日本国語大辞典』を使うのが良いでしょう。

出典と用例が載っています。
ここになければ、『成語林』をひいてみてください。
ここにはほぼ確実にあると思います。

STEP3 ③その出典の文を読み、解読する

その出典は、古典・漢文ですので、
どういう話の中で使用されているのかを
読んでみましょう。

普段教科書で読む古典と違って、
自分の疑問から探し出した古典・漢文ですので、
子どものやる気も違います。

もともとのことわざと意味が異なっているものもありますので、
言葉の変化を探るという楽しみ方もあるでしょう。

まとめ

まずは子どもの疑問から出発するのがよいでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

33

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

疑問