更新日: 2011-01-04 20:05:34

作文の力を伸ばすには

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 208

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

作文は、嫌いな子どももたくさんいます。どのようにしてその力をのばせばよいでしょうか。その一つの方法です。

STEP1 ①作文する「技術」を教える

作文を自由にしろ、と言われても、
できない子どもにとっては苦痛でしかありません。

まず、作文の仕方、楽に書ける技術を教えなければなりません。
近年は大量の指導本が出ていますので、
それを見ながら、技術的な面を教えると良いでしょう。

STEP2 ②技術的な面から添削する

その技術に沿って子どもに書かせたら、
まずは技術の面から作文を添削しましょう。

指標としては、
漢字の使い方が正しいか
助詞の使い方は正しいか
句読点、「」の使い方は正しいか
主語と述語がきちんと対応しているか
題材ときちんと合致しているか

などです。これは作文技術の面における添削です。
これは事前に指導しているので、
その指導にそって書けているかどうかという面で、
添削すると良いでしょう。

STEP3 ③評語によって励まし、やる気を出させる

これは、作文を一つの作品とみなし、
そこに一言を添えるという形をとります。

②は技術的な指導で、丸バツという単純な添削ですが、
こちらは子どもたちそれぞれの個性に応じて行わなければなりません。

学校では、指導は授業の中で行いますが、
こちらは授業後に行うのが良いでしょう。

目的は、子どもにやる気を出させることです。
ですから、良いところ、上手なところを探してあげると良いです。

まとめ

②と③は完全に分けましょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。