更新日: 2011-01-04 20:05:57

バンドの練習を円滑に行う方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 217

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

ライブ・コンサート前なのに、バンドの練習がうまくいかず、みんなもイライラしている…こんな状況をさけるために、バンドの練習を円滑に行う方法です。

STEP1 ①バンドリーダーが、先に曲のイメージをしっかり固めておく

曲の構成など、基本的な部分については、
バンドのリーダーが、どうしたいのか、どうアレンジするのか
ということを、バンドで練習する前に決めておきましょう。

これにより、バンドのメンバーにそれぞれの役割を告げることができるようになります。

もちろん、メンバーが各自曲を持ち寄ってきた場合などは、その持ってきた当人が、
曲をどうアレンジしてどう演奏するかを決めておくのが良いです。

STEP2 ②そのアレンジ・構成法などをメンバーに明確に伝える

事前に決めておいた曲のアレンジ・構成などを、
バンドメンバーにきちんと伝えましょう。

できれば、練習の前に伝えておくのが良いです。
それによって、メンバーは事前に練習できますから、
音合わせなどもすぐにできるようになります。

事前に伝える方法としては、リーダーがとりまとめて
全員にメールで伝える、構成表を紙に書いて全員分印刷するといった方法が考えられます。

STEP3 ③バンド練習が終わった後、構成などを再度確認しておく

これもやはり、バンドのリーダーがすべきことです。
アレンジ・構成などを口頭で告げるだけでは、
次の練習までに忘れてしまうことがあります。

その日にやったことは、早めに確認しあっておきましょう。
メールで簡単に済ましても大丈夫だと思います。

特に、バンドの練習を実際に行い、事前に渡した構成・アレンジから
変更があった場合、きちんと確認しておくのが良いでしょう。

まとめ

バンドリーダーの仕事は、実際の練習以外のところでも多いです。皆で確認し合えるよう、連絡を取り合いましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

71

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

メール パソコン