更新日: 2010-12-24 01:17:45

もやしは台所でつくりましょう

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 295

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by june29

もやしはビタミン、ミネラル、食物繊維を
たくさん含んでいて、しかも低カロリー。

一度自宅で作ってみませんか?

STEP1 【自家製もやしの作り方】

 
 ・豆を洗い、一晩たっぷりの水につける。
  大豆などの大粒の豆は、ふっくらと大きくなるまで十分につける。
  不十分だと発芽率が悪く失敗の原因になる。

 ・水を捨て、水切り付きタッパーに入れ、
   ふたをずらした状態で置いておく。
   (空気と乾燥防止のためふたをずらす)

 ・あとは1日1~2回、豆を洗う。


※成長日数は豆の種類(大豆・小豆は遅い)や
気候(気温が低いと遅い)によって違います 
 緑豆ならあっという間に育って早く食べられます。

育てる場所は台所がいいと思います。
ぜひお試しください(^.^)

STEP2 作ってみると本当に簡単だし、

しかもスーパーのより確実に美味しい♪ 
他の野菜に比べて簡単で、すぐ食べられるもやし。

「自宅もやし」と「市販もやし」、鮮度はもちろんですが、
他にも違いがあるのです。

発芽玄米は、あまり発芽が進みすぎないほうがいい
という話を聞いたことはありませんか?
もやしも同じなのだそうです。

STEP3 もやしは市販されているものほど成長させないほうが、

栄養価も高く、味も良いです。

根が1~2cmくらいになれば、もう食べられるでしょう。
(料理によっては大きく育てる事もありますが・・・)
発芽したばかりのもやしは味が濃く豆の風味もして、
とてもおいしいと思いますよ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

81

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

お好みの豆のタネ

水切りつきのタッパー