更新日: 2010-12-24 01:14:20

注意が必要なハーブ

著者: coffee_time

編集者: coffee_time

閲覧数: 210

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yuko_ppp2501

おいしく、いろんな効果も期待できるハーブですが、
気をつけなければならないハーブもあります。

STEP1 ★ 妊娠中に飲まない方がいいハーブ

刺激が強く、体から「出す」作用のあるハーブは妊娠中は避けるようにしましょう。

エキナセア・ジャーマンカモミール・ジンジャー・ジンセン・スイートバジル
セージ・セントジョーンズワート・タイム・ダンディライオン・チェストベリー
ネトル・ハイビスカス・バーべイン・ヒソップ・フェンネル・ブラックコホシュ
ホーステール・メリッサ・ヤロウ・ラベンダー・ローズマリー


特に、妊娠初期の3~4ヶ月の時期は
アンジェリカ・タイム・ネトル・ラズベリーリーフは、骨盤をゆるめる作用もあるため
絶対に避けるようにしましょう。

STEP2 ★ 妊娠後期にオススメのハーブ

ラズベリーリーフは、骨盤を調整する働きがあり、
出産の準備のをしてくれるハーブとも言われています。

出産を間近にした時期に飲むとスムーズなお産が期待できるかもです♪

STEP3 ★ 薬との併用に注意が必要なハーブ

薬との相互作用によって、使用できないハーブです。

イチョウ・ジャーマンカモミール・セントジョーンズワート・チェストベリー
パッションフラワー・バレリアン・フェンネル・ブラックコホシュ
ミルクシスル・メリッサ・ローズマリー

心臓や血管などの病気を持っている人は特に注意が必要です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する