更新日: 2010-12-24 00:41:23

ハーブティのおいしい入れ方♪

著者: coffee_time

編集者: coffee_time

閲覧数: 224

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by coffee_time

おいしくて香りも楽しめ
体にいろんな良い働きをしてくれるハーブティの
よりおいしい入れ方をご紹介します。

STEP1 ★ 水

酸素をより豊富に含んだ天然水が理想的です!

水道水よりも、
硬水(ボルビック・六甲のお水・南アルプスの天然水など)はお茶・コーヒー・紅茶・ご飯をより美味しくするのに向いています。
硬水(コンレックスなど)は、ミネラル分が多く、特にカルシウムイオンやマグネシウムイオンがたくさん含まれているので、疲労回復に向いています。

STEP2 ★ 温度

お湯のベスト温度は96~98度です。
100度になるとハーブの成分がこわれてしまうことがあります。
80度以下だと、低温すぎて、ハーブの成分を抽出しきれない成分もあります。

STEP3 ★ 蒸らし時間(抽出時間)

何のハーブかによって蒸らし時間が違います。
花のハーブ 1~2分
葉のハーブ 2~3分
根や実・果皮のハーブ 3~5分

ポットのフタをしっかりしめて、ハーブの成分と蒸気も一緒にしっかり閉じ込めるようにしましょう!
ハーブの味と香り・効果もよりよくなります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

32

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する