更新日: 2011-07-20 15:49:20

RSH プロトコルが失敗する理由

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1843

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jakeprzespo

RSH はコンピュータに、ネットワークで接続されたもうひとつのコンピュータ上でコマンドを実行させる。

STEP1

RSH (リモートシェル)は、クライアントマシンにオペレーティングシステムによって提供されるどんなコマンドでもリモートのサーバーマシンで実行させるネットワークプロトコルです。
そのサーバーマシンは、クライアントからの接続を待ち受ける RSHデーモンが起動している必要があり、クライアントの認証後は、リクエストされたコマンドをローカルで実行します。

STEP2

RSHサービスは、サーバーで開始されていない可能性があります。
多くのシステム管理者が同じサーバープロセスが RSH と Telnet を処理するという誤った信念に惑わされています- それはそうではありません。
RSHサーバープロセスは開始させてから個別に設定する必要があります。

STEP3

インターネットデーモン(inetd)は、RSH の接続がクライアントホストからやってきた時に、それらを RSHサーバーに中継しない、つまり、ブロックされている可能性があります。
これは、サーバー上の inetd の設定ファイル(通常は /etc/inetd.conf ファイル)で RSH を許可することによって修復される。

STEP4

多くの Linux マシン で実装されて稼動する、iptables のサービスは、RSHの接続をブロックするかもしれません。特に、Linux ディストリビューションの多くのリリースではデフォルト設定で iptables はRSH をブロックします。--なのでユーザーは、発生するこの問題のために RSH を明示的にブロックする必要はありません。
この問題は、iptables のファイアウォールに、514番ポートを開けるルールを加えることで修復されます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する