更新日: 2010-12-25 01:37:34

就活に苦戦しやすい女子学生のタイプとは

著者: ahulili

編集者: ahulili

閲覧数: 1403

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by chiaki0808

就活中の女子学生のみなさん、必見ですよ。

STEP1 男子学生より、女子学生のほうが、内定率が低いんだそうです。

それは、苦戦しやすいタイプがあるから・・・

どういったタイプかというと。

やりたいこと以外に目が行かない。

たとえば、語学力をいかしたい!と意気込んでいる女子学生。
もちろん語学力に自信があるからだとは思いますが、語学力をいかせる仕事だけに執着してはいないでしょうか。
語学力だけにこだわっていては、逆に、語学絡みの仕事以外はやる気がない、と判断されてしまいます。

STEP2 「働きやすい環境」を志望動機に挙げている。

「働きやすい環境」とは、働く女性にはありがたい育児休業の充実などがあげられますが、
その「福利厚生」を志望動機として強調するのはいかがなものでしょう。
企業が聞きたいのは、「仕事に対する意欲」なのです。

STEP3 ほかにも、目からうろこなタイプは、

親子の仲が良く、親の意向に左右されやすい。

親が反対するんだよね、と、親の意向が入り込んではいませんか。
そんなことでは、内定の扉はなかなか開いてくれませんよ。

STEP4

意中の企業以外の説明会にも足をはこんだり、ひとりで考え込まずに、まわりに相談したりと、視野を広げてみませんか?

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する