更新日: 2010-12-29 13:42:30

人に 何かを伝えるとき

著者: heizaemon7215

編集者: heizaemon7215

閲覧数: 170

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by sabamiso

人に 何かを伝えるとき、よいことならいいですね。

しかし、職場などで、あまり言いたくないことを、
他人に伝えねばならないことがあります。

受け手側の体調 コンディションによっては
とても、マイナスに受け取られることもあります。
その後の人間関係に、ひびが入ることもあります。

このようなことを避けるには?

STEP1 2つ3つ よい所をほめた後で、注意をする。

これは、身近にいた指導の上手い人から教えてもらったポイントです。
悪いことだけを指摘されると、素直に受け取りたくありませんが、
いい所も指摘されると、信頼され 素直に聞いてもらえるでしょう。

STEP2 自分自身の失敗の体験も交えて 伝える。

この方法も、相手を傷つけずに、しかも印象深く伝えることができます。
なぜ、注意されるのか?(なぜこれがだめなのか)
という疑問に答えることにもなります。

STEP3 その人だけに 注意しているような印象を与えない。

注意される側は、注意された事柄よりも、
「なぜ、私だけ注意されなきゃならないの?」という不満を持つことが多いです。
「これは、みなさんにお伝えしていることですが・・・」
と付け加えるのもよいでしょう。

まとめ

あらたまって 伝えるのではなく、
何かのついでのタイミングで伝えるのも、一つのポイントです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する