更新日: 2010-12-27 12:28:13

メイクで感じのいい人になりましょう!

著者: nishioka-s

編集者: oni-yakko

閲覧数: 354

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by PinkStock Photos!

美人でもそうでなくても、会ったときに感じのいい人だなーと思われるほうがいいですよね。実際は明るい性格なのに、最初はそう見られないという人もいると思います。
そんな第一印象を左右するのは、人と話しているときや笑ったときの表情でなく、無意識なときの表情のようです。
それらを考えてのメイク方法をご紹介します。

STEP1 まず、口角が上がっていることで、随分明るい印象になります。

口角が下がっていると、疲れた印象で、老けても見えるので、
女性にとっては大きなポイントです。

ファンデーションで唇の輪郭を消して、
口角を上げ気味にして口紅を塗りましょう。

下唇を厚めに、両端をきゅっと上に上げて書きます。
上唇は両端が細くなるように書きます。

STEP2 次のポイントは、頬です。

ポッと明るい色の頬にすると、血色がよく見え、健康そうに見えます。
また、頬がふっくらしている方が、感じがよく優しそうな印象になります。
チークはほお骨の高い位置にふんわり丸くいれましょう。

このふたつのポイントをおさえると、無意識でいても明るい印象を与える顔になれます。

STEP3 ふだん、テレビを見ているときや、ぼーっとしているときに、

鏡を持ってきてそのままの顔をチェックしてみましょう。

化粧をするときや、写真に写るときと違う、
見たことのない人から普段見られている自分の顔はそれなんです。

顔のマッサージでも、口角を上げたり、
顔の血色をよくすることができるので、普段からの努力も忘れずに。

まとめ

感じのいい人か悪い人かは、おもに口角、頬で判断されるという統計結果が出ています。
せっかくなら、感じよく見られるように、メイクで変身してみましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する