更新日: 2010-12-23 16:14:26

胃・十二指腸をいたわっていますか?

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 172

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hana-haha

飲み過ぎや食べすぎで胸やけを感じることがありますね。しかし、胃や十二指腸潰瘍の時にも、同じような症状がみられるのです。

STEP1

口から摂取した食べ物が胃酸(塩酸)などの消化液と混じり合って通過するので、胃やその下に続く十二指腸は消化液の刺激にさらされています。
胃・十二指腸潰瘍は、これらの消化器の代表的な病気です。胃自身が分泌する胃液の強力な酸で胃の粘膜が深くえぐり取られたような状態が胃潰瘍、同じような状態が十二指腸で起きたものが十二指腸潰瘍です。両方を総称して消化性潰瘍といいます。
ヘリコバクターピロリ菌の感染で胃の粘膜に炎症が起き、防御が効かなくなった時に潰瘍ができると考えられています。
治療は薬物療法が中心で、胃酸を抑える薬やヘリコバクターピロリ菌を除菌する薬を併用します。

STEP2

胃酸・ペプシン(タンパク分解酵素)・ピロリ菌・非ステロイド系抗炎症薬・精神的ストレス・アルコールなどが攻撃因子と言われています。
「予防に勝る治療なし」といいます。粘膜に過度の刺激を与えない生活習慣が何より大切です。

胃・十二指腸を守る生活習慣
・暴飲暴食をしない
・強いお酒は薄めて飲む(刺激を軽くする)
・禁煙する(タバコは粘膜の血流を悪くさせる)
・ストレスを解消する

まとめ

これまで潰瘍は再発ケースが目立っていましたが、ピロリ菌の関与が解明され、除菌を行うようになってから再発は激減しました。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。