更新日: 2010-12-23 15:00:09

クレーム電話を受けたとき

著者: heizaemon7215

編集者: heizaemon7215

閲覧数: 169

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 246-You

クレームの電話を受けたとき、本当にショックですよね。
ショックから早めに立ち直るには?

これは、不良品の苦情報告のクレームではなく、
度が過ぎるクレーム(クレーマーに問題が多い場合)
を受けた場合の話です。

STEP1 クレームの電話を受けるのは、本当につらいものです。

相手は遠くにいると思っても、耳元でわめかれたりすると、
汗がだらだら流れ、身体が震えてしまいます。

このような場合、「自分は悪くない、自分のせいではない。」
と、はっきり自分に言い聞かせることです。

STEP2 職場では、心無い上司が、

「クレームを引き起こした原因は君だ。」とか、
「臨機応変な対応ができなかった君のせいだ。」
と責める場合があります。

こういう場合、クレームを受けた当人は
重ねてつらい思いをしますが、
このような上司の意見を まともに聞く必要はありません。

STEP3 「自分は悪くない!」と、はっきり心に言い聞かせ、

気分転換を図り、早めにクレームの件を忘れてしまいましょう。


このガイドを書くに当たり、ウィキペディア「クレーム」欄を参考にしました。

まとめ

自分は悪くない、と自分に言い聞かせる。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する