更新日: 2011-07-20 16:53:52

ワンルームで寝室と居間を分ける方法

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1535

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bein_korean

ワンルームアパートに住むのには利点と欠点があります。賃貸にあまりお金をかけられない人が、手ごろに独り暮らしをすることができる一方で、ワンルームアパートは、大きな一つの部屋にキッチンとバスルームがついているのが基本で、居間と寝室が区分されていません。しかし幸いな事に、手持ちの物や安価な物を使って個別の部屋を作る事が可能です。

STEP1

寝室と居間の間には大きい家具を置きます。ソファーを動かして境界にしましょう。
他にも本棚や背の高い鉢植えなどを同じように置いていきます。倒れないように、本棚の下の棚には重い物を収納するようにしましょう。鉢植えは隣同士に並べて、枝葉で仕切りをつくります。

STEP2

布かカーテンを2部屋の間に天井から吊ってください。フックを天井につけて、布かカーテンを吊ってください。スライドカーテンを設置すれば、邪魔にならないように簡単に移動させたり、広げて部屋を横切らせたりできます。布やカーテンもフックとカーテンレールで吊るせば、必要に合わせて押しやってしまえます。

STEP3

2部屋の間にパーテーションを置いてください。パーテーションは2つの部屋をハッキリと区分けし、色やスタイル、デザインなどを部屋に加えます。パーテーションは極めて軽く、とても移動が簡単です。

まとめ

ワンルームの部屋を広く見せるには、居間の壁の一面に明るい色を使ってください。
色を多く使いすぎると、空間を乱雑で圧迫感がある物にすることもあります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・ソファー
・本棚
・背の高い植木鉢
・大きな布かカーテン
・フック
・スライドカーテン
・パーテーション