更新日: 2011-07-20 17:11:47

HEPAフィルターと静電方式集じん装置の比較

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 765

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by momomaru2002

HEPA(高性能集じん)フィルターは空気中のアレルゲンを除去するための最高の技術だと考えられています。静電方式集じん装置は、最初は工場の空気中にある大量のホコリを除去するために使われていました。

STEP1 HEPAフィルターとアレルギーの減少

HEPAフィルターは0.3ミクロン以上の粒子を99.97%以上捕集し、イエダニ、ペットのフケやカビの胞子のような刺激物を除去する高い性能があります。タバコの煙も除去します。

STEP2 HEPAフィルターの構造

HEPAフィルターの高性能の秘密はアコーディオン状の構造にあります。この構造で取り込んだ粒子がフィルターの中を事実上動けなくしてから、片側が紙素材、片側がポリマーで出来たフィルターの繊維に絡め取ります。

STEP3 静電方式集じん装置と重い汚染物質

工業生産で空気中に排出された硫黄、カドミウム、鉛やコールタール粒子は、多くは静電方式集じん装置できれいにしています。有害物質を引き寄せる接地電極付きチャンバーの中を粒子が通り抜けると、電荷が移動中の粒子をイオン化し、格子やプレートで捕えます。

STEP4 静電方式集じん装置の長所

静電方式集じん装置は高性能で、最大99.9%の粒子を捕えることができます。華氏1300度の高温でも機能します。腐食作用にも耐え、酸やタールなどの捕集困難な物質も捕えることができます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する