更新日: 2011-07-20 17:11:23

成人の季節性情動障害について

著者: momomaru2002

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 280

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bazylek100

季節性情動障害とは、日照が少ないことや寒さによって起きる憂うつ感です。季節の変化が人格に影響します。この障害の原因はよくわかっていませんが、治療の選択肢はいくつかあります。

STEP1 <症状>

季節性情動障害の症状は気分の落ち込み、絶望感、泣きたくなる、過敏になる、炭水化物を渇望する、過剰な睡眠、エネルギー不足、人との交際を避ける、集中力の欠如などです。このような症状は冬に現れ、春には消失します。

STEP2 <考えられる原因>

Mayoクリニックによると、この障害はサーカディアンリズム(日周期)のみだれや、冬は夜が長いためメラトニンの生成量が増加する、もしくは日照が少ないためセロトニンの量が減少する、などが原因ではないかということです。

STEP3 <光線療法・その他の治療法>

冬にたくさんの光を浴びることは、季節性情動障害に苦しむ人の気分改善に役立つ傾向があります。というのは光線治療でメラトニンの生成が抑制されるからです。他には、抗うつ剤や心理療法といった治療法があります。

STEP4 <障害の程度>

症状が軽度の人もいれば、自殺などを回避するために入院が必要な人もいます。

STEP5 <診断>

もし2、3日明るい光線にあたることで大幅に気分が変化すれのであれば、季節性情動障害を患っている可能性が高いでしょう。

STEP6 <歴史>

1980年にNorman E. Rosenthal医師が、季節性障害と冬の暗い日々を関連付けました。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する