更新日: 2011-02-28 08:23:49

エクセルVBA~標準モジュールを知って、プログラムを書いてみよう~

著者: acel06

編集者: acel06

閲覧数: 1367

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by akiraak2

エクセルで便利な機能は関数だけじゃありません。
VBAという、ちょっとしたプログラムを書くことが可能です。
ここでは、ちょっとしたプログラムを書いていきたいと思います。

STEP1 「標準モジュール」について。

Photo by acel06

ここでプログラムを書く前の準備が整います。

VBEの左側、
プロジェクトエクスプローラと言います。
そこで右クリックすると、画像の様になります。
挿入を選んで、標準モジュールを出しましょう。

STEP2 もしくは、シートモジュールに直接書くこともできます。

それぞれ利点があり、
シートモジュールに書くと、セルの選択が楽。
標準モジュールだと、他のプログラムに使いやすい。等等。

STEP3 そして、プログラム初心者がまず入る道。

Photo by acel06

「HELLO VBA」を表示させるプログラムを書きましょう。
画像ではイミディエイトウィンドウに表示させていますが、
出てない方は、表示から出して下さい。

STEP4 標準モジュールにこのように書くと同じ結果が得られます。

Photo by acel06

試してみてください。
ちなみに実行はこのボタン。

STEP5 Debug.Printはイミディエイトへの出力ですが、

Photo by acel06

良くあるメッセージボックスにも出力できます。
Debug.Print ⇒ Msgbox に変えてみてください。
結果は、実行するとわかります。

まとめ

最初は標準モジュールに書いて、
必要になったらシートモジュールも使いましょう。
私は最初からシートに書くことが多いですが・・・。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

マイクロソフトのエクセル。
バージョンはどれでも大丈夫です