更新日: 2010-12-26 16:08:34

定後の別荘住まいを考える

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 145

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

定年後の幸せな生活を送るために、別荘での生活を考えている人も多くいます。

夢を実現するために心がける事は、どんな事でしょうか。

STEP1 高齢者専用賃貸住宅というのがあります。

Photo by gracs

今までの有料老人ホームというのは、介護サービスなどを含む施設の利用権を購入する、という方式でした。

一方高齢者向け賃貸住宅とは、高齢者と賃貸借契約を結ぶやりかたです。
高齢者向け賃貸住宅は、途中解約も可能で、固定で決まった基準がありません。

都道府県に登録されている物件に、気に入った条件があれば、そこへ終の棲家を求めるのも可能です。

STEP2 高齢者住宅改修というのを、ご存知ですか?

この高齢者住宅改修を利用して住宅の改修を行うと、お客様個人として経費や準備などの負担が軽減されます。

定年後の別荘住まいを望み、気に入った物件があっても、高齢で住むには何かと不便で改修の必要があるばあい、利用してみるのもいいですね。

ただ、それにも色々注意が必用です。
自分で勝手に改修をしてから、高齢者住宅改修の補助を得ようとしても認められません。市区町村の窓口で、はじめから打ち合わせをして進めて行くこと必用があります。

実際に住宅改修やバリアフリー化を行う際の注意ですが、「物(住宅)が介護を必要とする人に合わせる」という考え方の工務店や業者さんにやってもらうと、使う人の身になっての結果がえられるでしょう。

STEP3

老後を別荘で優雅に過ごすためには、それなりの資金があることが絶対条件です。

老後の生活設計は、早めにしっかり計画を立てることで、夢が実現できます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する