更新日: 2010-12-23 03:09:12

虐め育てをしてしまう親の救済法

著者: gracs

編集者: gracs

閲覧数: 162

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gracs

「虐め育て」この言葉は、私が子育て真っ最中に聞いた言葉ですが、現代では若いママが自分をコントロールできずに子供を叱り、それを後悔して苦しんでいるママが多いようで、可哀想でなりません。

STEP1

Photo by gracs

「虐め育て」と言う言葉を言った、ある教育評論家の方は、「親が子供を大事にしないで、他所で他人から我が子が大事にされるわけがない。」と仰っておられましたが、当時は、「親が、子供を大事にしなさいよ」という意味合だったのですが、現代では自分の感情をコントロールできず激しく怒ってしまったり、虐待、あるいはそれに近い事をしてしまい、苦しんでいる母親の数が多すぎます。

STEP2 そういう若い母親を救う手立てはないのでしょうか?

行政と言っても、はっきり言って当てになりません。子供の担任の先生に相談しても、母親の性格までどうこうしてあげる力も時間もありません。なかには虐待を気付きながらもどうしようもなく、手をこまねいているうちに悲惨な事件になったしまった例も多々あります。

STEP3

周りから見れば、どうして可愛いわが子を虐待してしまうのか、理解できません。経験したものでなければわかりません。

「経験」ということから思うのですが、同じ立場の、自分と同じように心ならずも虐待してしまう親同士が集まって話しあえる機会を行政で設けてあげたらどうでしょうか。

を聞いてもらうだけでカウンセリングになります。ましてや同じことで苦しんでいる人に聞いてもらうのですから、共感を得てもらえます。お互い同士の話から、見えなかったものが見えてくるのではないでしょうか。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する