更新日: 2011-01-04 21:41:43

インフルエンザにならないために

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 214

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yamakazz

冬は風邪やインフルエンザにかかりやすい季節です。
病院に行けば、小児科は満員御礼。

なるべく病院にお世話にならないように、日ごろの対策を万全にしておくことをお勧めします。
風邪をひかない対策を日々実践してみてください。

STEP1 ★ インフルエンザワクチンの接種

12月上旬までにはワクチン接種をすませておくと安心です。
効果としては、すぐには出ず、約2週間後から出始めます。
ですから、インフルエンザが流行る前に接種をすませておく必要があるわけです。

STEP2 ★ 加湿器の設置

空気が乾燥すると、喉や鼻の粘膜が乾燥し、ウイルスを排除しにくくなります。
また、ウィルスは乾燥した環境にいると、長時間感染力を維持します。

STEP3 ★ 手洗い

感染経路で多いのが手などを介する接触感染です。
指先や手の甲、指の間は洗い残しの多い部分ですから特に意識して手洗いをしましょう。

STEP4 ★ うがい

加湿器を置くということと似ていて、喉にうるおいを与え、喉の抵抗力を高めてくれます。

STEP5 ★ 免疫力をさげない

十分な睡眠や栄養バランスのとれた食事などで免疫力を落とさないようにする。

睡眠の質や栄養の質にも気を付けると、免疫量アップにつながります。
質とは、程よい運動をした後に、ぐっすり睡眠をとったり、野菜は農薬や化学肥料を使わないなど、野菜本来の栄養素をいただくことで、免疫力を上げることができます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する