更新日: 2010-12-23 00:02:06

残業:上手な断り方

著者: shiro-chang

編集者: shiro-chang

閲覧数: 529

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Guru Guru

大事な用事が入っている時に残業を頼まれたら困りますよね。断りきれなくて、予定をキャンセルして残業してしまうことに・・・なんてことはありませんか?マナー上、次のような断り方は問題ないので、参考にしてみてください。

STEP1

今夜は予定が入っているという時に残業を頼まれた場合は、次のように尋ねて、仕事の期限を確認します。
「この仕事はいつまでに仕上げればよろしいでしょうか?」

STEP2

ただ、仕事は大至急で、自分の用事は変更できるのであれば、この場合残業を引き受けた方がいいに決まっています。でも、どうしても避けられない用事である場合は、正直に理由を話して、他の誰かに代わってもらうといいでしょう。

STEP3 仕事の期限に余裕がある場合の断り方は次の通りです。

「申し訳ありませんがこれから予定がありますので、この仕事は明日のお昼までに必ず仕上げるということでもよろしいでしょうか?」
と、自分の状況を説明しながら相談してみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

85

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する