更新日: 2011-08-30 15:54:09

大人からはじめる国語の勉強

著者: いなみわけ

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1922

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

国語・日本語の正しい使い方って、なかなか難しいですよね。
大人になってからでもできる国語の勉強方法です。

STEP1 ①辞書を買って自宅に置く

国語の勉強には、辞書が必要です。
近年漢字検定が流行って、普段使わないような漢字まで覚える方がいますが、
自宅に一冊辞書があれば、膨大な時間をかけて覚えなくても
すぐに調べることができます。

持ち運びできる辞書・電子辞書があればなお便利でしょう。
語彙を増やすことも、辞書を頻繁に調べることによって可能です。

しかしまずは、日常の言葉を正確に使うことを心掛けましょう。

STEP2 ②言葉のプロの本を読む

例えば、有名な所では金田一春彦さんは言葉のプロですね。
私も最近、実家に金田一氏の『言葉の歳時記』(新潮文庫)という本を見つけ、
暇な時間に読んでいます。

言葉に対する豊富な知識をもとに、日常的な言葉を解説した書ですが、
難解な部分も全く無く、非常に読みやすいです。

勉強できる時間が限られている場合は、こうした手軽な文庫本などを
暇なときにさっと読むだけでも、十分勉強になります。

STEP3 ③子どもに教えながら、自分も勉強する

子どもに言葉を教えるのは、予想以上に難しいものです。
例えば、

・私は明日友達の家に遊びに行く。
・私は京都へ行った。

どちらも小学生レベルの文ですね。
この二つの文は、どちらもある場所へ向かう意味ですが、
では、「に」と「へ」の違いをわかりやすく説明しろ、といわれても、
ぱっと上手く説明することは難しいですよね。

教科書を見ながら、子どもと一緒に勉強することで、
正しい国語を大人も身につけていくことができます。

まとめ

なんと言っても楽しく勉強するのが一番です。たとえ必要に迫られていても、楽しく学んでみましょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

83

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

辞書 教科書 本