更新日: 2011-08-14 20:08:58

めざせもっちりお肌!正しい化粧水の使い方

著者: coffee_time

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 694

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by coffee_time

乾燥が気になるこの季節!
しっかり保湿してもっちりお肌になれる
化粧水の正しい使い方をご紹介します。

STEP1 ★ 量はどのくらい?

各化粧水の説明表記の量が最適です!
100円玉・500円玉大くらいとかが目安です。

たっぷり、けちらずに使う方がいい様なイメージもありますが、
そうとも限りません。

お肌の乾燥がひどい時や、
角質が厚くなって浸透が悪くなっている時などは、
いっぺんにたっぷり使うよりも
少しずつを数回にわけて使った方がかなり効果的です!

STEP2 ★ なじませ方

あたたかい手で化粧水をお肌になじませましょう!!
手や指先が冷たい時は、一度手を温めてから、手の平全体に広げます。

手のひら全体で顔を包みこむようにし、
顔の内側から外側へ、下から上へ。
鼻だけは、上から下へ。
仕上げに目のまわりとフェイスラインを軽く指で押すのもいいです。

STEP3 ★ コットンを使わなくてもいいの?

化粧水だけでなく、乳液も美容液も手でつけるだけで十分です。
コットンは上質のものを使っても、刺激で肌を傷つけてしまう場合があります。
角質層が傷つけば、そこからお肌のうるおいが損なわれ
お肌が乾燥し、お肌の老化を招くことになっていまいます。

STEP4 ★ パッティングしなくていいの?

パッティングをすると肌を引き締めたり、
血行をよくすると思ってパシパシと叩いたたいたり、
必要以上に摩擦するのはダメです!

たたく刺激や摩擦は赤ら顔や、シミの原因になってしまうだけで、
化粧水の浸透が良くなるわけではありません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

138

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

化粧水