更新日: 2010-05-21 23:44:19

プレスリリースの書き方

著者: penichillin

編集者: penichillin

閲覧数: 343

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by penichillin

プレスリリースって一昔前は、マスメディア向けの広報資料のことだったんですが、最近は企業のサイトにも掲載されて、目に増える機会が増えましたね。
でも、プレスリリースの文章ってちょっと独特ですよね。それは今もプレスリリースの目的が、マスメディアに記事を報道してもらうことにあるからです。
このガイドでは、マスメディアに取り上げられるプレスリリースの書き方をお知らせします。

STEP1 ■5W2Hを確認する

5W2Hを整理すると、伝えるべきことがすべて網羅されます。

・When(いつ)
・Where(どこで)
・What(何を)
・Who(誰が)※誰に、という考え方もあり
・Why(なぜ)
・How to(どのように)
・How much(いくらで)

STEP2 ■文章は逆三角形。結論から書く。

普通の文章では、背景の説明があって、本論に入りますよね。
だけどプレスリリースは逆で、結論から書きます。
思い入れがあると、つい背景説明から入ってしまいますが、そんなまだるっこしいものは読まれませんので要注意です。

STEP3 ■目標値はできるだけ入れてあげる。

5W2Hですべて、と書きましたが、そこに無い要素としては、目標は?という部分。そこの部分によって、やる気もうかがえるので、メディアにとっては必要な情報です。ですので、できる限り何らかの数値で提示してあげましょう。

STEP4

後はひとつの文は短く。3行とか続いちゃだめですよ。

STEP5 そのほか、気をつける点を列挙。

・専門用語の多用に注意(専門記者中心ならかえってすっきりするかもなので、相手に通じるかで考えましょう)
・記者は行間を(意図的に)読まないので、あいまいな表現はしない(はっきり書く)
・世界初、日本初、業界初をきちんと調べて記載する(初物に弱い)

まとめ

簡潔にね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する