更新日: 2011-03-07 18:43:28

ビジネススタイルをノウハウなしにキメる方法

著者: xylitol

編集者: おばばばば

閲覧数: 905

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jenny8lee

ビジネススーツなど、まだ着慣れないフレッシュマンにとっては
なかなかわかりづらいもの。
そんな初心者のかたでも、簡単に全身コーディネイトができる方法を。

STEP1 まずは自分のフィーリングにあった紳士靴を探しましょう。

最初は黒の紐靴 そして濃い茶色の靴などがよいでしょう。

デザインの強いもの、安物は禁物です。
できれば3足揃えるとよいでしょう。
1足は5万円以上のものを持っておくと、徐々に違いが分かるようになってきます。

STEP2 靴に合ったスーツを選びましょう。

あわせたい靴を履いていくとよいでしょう。

靴のタイプ(英国 伊 仏 米 日 )によっても
スーツのタイプは異なってきます。

このへんは、素直に店員に聞くのがよいでしょう。

STEP3

1 2 でそろえた 靴 スーツを着て、Yシャツを作りに行きましょう。

体型が一般的な方であれば既成シャツでもよいですが
パターンオーダーでもしてみると、自分にぴったりのサイズになった
シャツを作ることが出来ます。
金額は生地さえ選ばなければ、あまり変わらないことが多いです。

ここでも、このスタイルに合ったシャツを というオーダーの仕方で
何種類か作る(購入)してみましょう。

ネクタイを結ぶかどうか も判断基準になります。

STEP4 123を着て、ネクタイを買いに行きましょう。

フローはすべて一緒です。
店員にある程度ピックアップさせて、あとは自分のフィーリングにあったものを
選べばよいでしょう。

ネクタイはあくまで消耗品なので、
色あせて汚く見え始めたら、躊躇なくポイしましょう。

こちらもあまり安物を買うことはお勧めしません。
折角コーディネイトしたものが
ネクタイひとつで 台無しになります。

STEP5 補足。

ソックスは パンツに合わせた色を買いましょう。
短いオヤジソックスはNGです。
足を組んだときに 脛毛が見えたらNGです。

まとめ

順を追って作っていくこと。

実際に現物を身につけていくこと。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

52

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

money

時間

根気