更新日: 2018-03-12 12:46:06

介護の為のリフォームの負担を軽減するには。

著者: rokumonnsenn

編集者: OKWAVE Q&Aまとめ

閲覧数: 558

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by veroyama

お年寄りになると、足がだんだん、上がらなくなります。それで、家の少しの段差でも、転んでしまって、骨折をしたということがあります。
そうなっては、大変です。でも、家の段差をなくすリフォームは、経費が結構かかります。

・改修工事(リフォームからリノベーション)、新築工事まで対応可能な建築士・米村先生への非公開質問も可能です


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2819794.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1

でも、ケアマネージャーに、段差をなくすリフォームをしたいと相談して下さい。
そうすると、手続きの仕方を教えてくれます。
そうしたら、工事費の、1割の負担で、リフォームができます。
でも、これは、介護の必要なお年寄りがいなければダメです。

STEP2

それから、限度額もありますから、やはり、ケアマネージャーに相談するか、区役所等にききに行かれる事をお勧めします。県によっても、補助の対象が違うかもしれませんから。

まとめ

介護の援助は、色々あります。
有難い事です。なかなか、自分だけでは、知る範囲が限られますが、介護の仕事をされている方などに、今の不安や、不便な事を、まずは聞いてみるのが良いと思います。
自宅介護は、結構大変です。できるだけ、安全に、年寄りを介護したいですから。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する