更新日: 2011-08-02 21:45:14

ギター・ベースを中古で買う際に確認すべきこと

著者: いなみわけ

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 772

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

中古品は、新品のものに比べて安く、また使い込まれているという良い点があります。しかし、質が悪いものもときには見受けられます。買う際に、以下のことに注意しましょう。

STEP1 ①ガリなどノイズがならないか

中古品だと、ボリュームなどをいじるとガリガリっとノイズがなることがあります。
特にライブで使用するときに、そうしたノイズがスピーカーにのるとまずいです。

大抵は、店のほうで注意書きをしてくれていますが、買う前に自分でもいろいろいじって確認してみましょう。

STEP2 ②ネックに反りがないか

中古品だと、ネックが反っていることがしばしばあります。

これを確認するには、まず見た目で確認し(見た目ですでに反っているのは絶対にやめたほうがいいです)、
指版を全体的に試奏してみて、音がびびらないかどうかを確認してみましょう。

STEP3 ③トラスロッドによる調整がきくか

トラスロッドとは、ネックの反りを調整するために、ネックに入っている金具です。
ネックが反っていなくても、すでにトラスロッドが回りきっているものなどがあります。

そのようなものは、調整がきかないので、やめたほうがよいでしょう。
しっかりした中古屋であれば、注意書きしてくれているはずです。
また店員さんは知っているはずですので、確認しておきましょう。

まとめ

買う前に、店員さんと話して、楽器の特徴などを確認しておきましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

98

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

確認