更新日: 2010-12-06 15:20:23

コピー方法を間違ったとき、解決する方法とは!?

著者: love-syoko

編集者: love-syoko

閲覧数: 244

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by love-syoko

「コピー&ペースト」をマスターすることは、Ward文章のコピーをはじめ、ファイルをフォルダに入れるときなど、さまざまなシーンで役立ちます。私も、この方法を覚えてからは、かなり助かっています。ここでは「コピー&ペースト」の途中で失敗したときの対処法についてお話ししたいと思います。ちなみに「自称・重度の機械オンチ」の私がやっている方法です。

STEP1

Wardの「コピー元」を指定する方法は、範囲が狭い場合はマウスだけでもできますが、ある程度の範囲があるときは「Shiftキー+マウス」で範囲指定します。そして「Ctrl+C」を押します。「コピー先(貼り付け先)」画面では「Ctrl+V」を押すとコピー完了です。 

STEP2

ところが、私はコピー元で「Ctrl+C」を押すべきところを間違えて「Shiftキー」を押したまま「C」を追加するというドジをかなり高い率でやってしまいます。画面には、範囲指定したコピー元の文章が消えて、無情にも「C」の文字だけが……。

STEP3

そんなときは、Word画面左上に小さく表示されている「戻る」を意味する「矢印」をクリックすることを思いつきました。ゆっくり2回クリックすると、範囲指定した「コピー元」の画面が復活します。

STEP4

今度は間違わないように「Ctrl+C」を押してから、コピー先では「Ctrl+V」を押します。

まとめ

これは「Microsoft Word 2010」で行っている方法です。

「戻るボタン」は、どの画面でも有効ではありませんので、コピーをやり直すときは注意してください。また、切り取って移動させるときも同じです。

ちなみに、この入力画面で文章コピーに失敗したとき「戻るボタン」を押すと、ひとつ前の画面に戻ってしまいます。また、文章を移動させたいときは「コピー&ペースト」をした後、「コピー元」の文章を消したほうが無難です。

また、メニューバーの左から2つめの「ホーム」に表示されている「コピー」「貼り付け」をクリックする方法もあり、そちらのほうがメジャーになっています。しかし、画面にそのような表記がないときは、今回ご紹介したキーボードとマウスを併用する方法を活用できます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

39

love-syokoさんのコメント

2010/12/13 20:46:34

アンナさま。コメントありがとうございます。「Ctrl + x」ですね。今度、やってみます。ご親切にありがとうございます。

アンナさんのコメント

2010/12/13 17:28:15

「Ctrl + x」もぜひ試してみてくださいね!
一つ前の状態に戻れますよ!ワードでも、エクセルでも、パワーポイントでも、大抵のものに使えるようです。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

「Shiftキー」の下に「Ctrlキー」があるので、あわてて間違わないこと