更新日: 2011-01-31 19:41:58

包丁の手入れ方法

著者: harisenbon-h

編集者: harisenbon-h

閲覧数: 279

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by zenjiro

鉄製の包丁の手入れの仕方、錆がつかない方法とは。

STEP1

庖丁は仕事前に研いで、使い終わったら(洗剤を使わず)流水で洗って水気をきって換装した場所に保管します。

 食材には油分が含まれていますから、塩分(電解質)だけ洗い落とせば油膜が錆び止めの働きをします。すると表面にオキシ水酸化鉄や酸化の不働体が生成して錆びにくくなります。

STEP2

使用後は、流水で塩分を落とし、乾いた布でしっかり水分をとって乾燥したところに立てて保管します。

使用後に研ぐと、細かい鉄粉が残る=表面積が大きくなり、しかも鋼(鋼)のセメンタイトやマルテンサイトの性質の異なる鉄粉が接することになり、電触によって錆が進行します。しかも表面に錆を防ぐ物質が存在しない。できる鉄錆は酸化鉄(III)や水酸化鉄で錆は内部に進行てしまいます。

STEP3 柄は基本的に濡らさないこと。

濡れていると水蒸気が蒸発し周囲の湿度が上昇します。

まとめ

使う直前に研ぎ、鉄紛を十分洗い流して、残っている鉄粉を除去して乾いたふきんで水分をふき取り、通風の良い場所に放置

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する