更新日: 2011-01-31 10:06:40

揚げ物のあと油のこすタイミングはいつ?

著者: harisenbon-h

編集者: harisenbon-h

閲覧数: 1350

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Kanko*

油を使った後に、油を再利用するためのポットに入れる際に「こす」ますが、
火を切ってからどれくらいの時間の時にするのがいいのかな?

STEP1 調理直後のできるだけ高温のときに漉します。

そのためにオイルポットはステンレスなど耐熱性の高いものでなければなりません。
また水がポット内にあると危険ですから注意してください。

低温では粘度が高くて漉すのに時間がかかる。
高温で、揚げカスなどがあると、それが触媒になって早く酸化する。

STEP2

オイルポットは、二重網になっていて、間にペーパーフィルターが挟めるものが良いです。

油を漉したら、そのままフタをするとフィルター部分に残った油やカスが酸化防止剤の役をして、内部の油が酸化されることを防ぎます。
次回に使うときは、このカスやフィルターを最初に取り除いてから、使います。

STEP3 油の劣化は酸化です。

高温ほど酸化速度が上がります。揚げている時にも酸化は進んでいます。そして酸化するのは油脂ですから、ポットの中の油も、揚げカスの油も同じ様に酸化します。ですが、表面積で比べると、揚げカスの方が圧倒的に表面積が大きいので、こちらが先に酸化されやすいので、周囲の酸素を除去する脱酸素剤と同じ働きをすると言えるでしょう。
脱酸素効果とは自分自身が酸化される事によって、他の酸化を防止するという事です。

まとめ

油の酸化を少しでも防ぐために、調理直後にしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

38

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する