更新日: 2011-01-04 18:41:09

冬靴を買うときに注意すべきこと

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 483

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

雪道を歩く靴は、滑りやすいもの、歩きづらいものではいけません。また、防水性も要求されます。

STEP1 ①足のサイズにあった靴を選ぶ

これは冬靴に限りませんが、自分の足のサイズにあったものを買わなければなりません。その際、必ず靴下を履いて、試し履きしてみましょう。冬場は素足で歩くことはありませんから、普段履く靴下を履いた状態の足のサイズにあった靴を買わなければなりません。

また、秋口に買うのであれば、普段より少し厚めの靴下で試し履きしてみましょう。冬は厚手の靴下を履いて歩くことが多いからです。そして、試し履きした状態で店内を少し歩いてみましょう。

STEP2 ②靴の裏がなるべく滑りづらいものを選ぶ

特に雪国では、このチェックが必須です。革靴などは裏がつるっとしていることがありますが、そんな靴ではとても歩けません。

最近は、裏に金具のスパイクがついているものもあります。ただ、足を地面に摺るように歩くことが多い方は、この金具が取れてしまうこともしばしばあります。取れてしまうと、逆に滑りやすくなります。よって、そういった方はこのタイプの靴はやめておいたほうが良いでしょう。

STEP3 ③防水性の高い靴を選ぶ

雪道を歩く場合、靴の周りに常に雪が付着します。よって、防水性が高くない靴であれば、どんどん水が浸入してしまいます。「撥水加工」と書かれた靴であれば、浸水を防ぐことができます。

また、撥水スプレーも靴屋に売っていますので、定期的に吹き付けると、雪道も安心です。

まとめ

雪道の安全は、靴によってもたらされます。自分の目で見て、安心できる靴を買いましょう。ネット販売の靴は安いですが、冬靴の場合やめておいたほうが良いです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

靴屋 試し履き 撥水スプレー