更新日: 2010-12-22 14:54:44

氷がくっつかないように保存する裏技!

著者: しもん

編集者: さりうすーあんこ

閲覧数: 10085

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by june29

ジュースを飲もうと思って冷凍庫を開けると、氷がくっつきあってひとかたまりに!!なんんてことありますよね。どうにかしていつもバラバラのまま氷を保存しておきたいものです。

STEP1

紙袋(デパートでもらったものなど)に氷をいれ、あとは紙袋のくちをしっかり閉じて冷凍庫に入れておきます。

STEP2

たったこれだけで半月以上、氷はくっつくことなく、いつもカキンカキンのキューブ状なのです!

まとめ

氷がくっつく原因は冷凍庫の開け閉めなのです。冷凍庫を開けるたびに表面が少し溶けて、溶けた水分が再び凍ってひっついてしまいます。ところが、紙袋に入れておくと冷凍庫を空けても温度がほとんど変わらず、表面が溶けることがありません。さらに紙袋が水蒸気を吸収してくれるためくっつかないのです!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
しもん

松山在住30年です。6歳の男の子の母親です。美味しいもの、楽しいことがだいすきです!