OKWAVE Guide 印刷用:逆転の発想!?ヒツジが目覚まし時計に!|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 5063426007 684c8880b5 m

必要なもの
目覚まし時計を買うお金

眠れないときの解消法として、ヒツジの数を数える方法が知られていますね。そのヒツジが、なんと目覚まし時計になるのです。ここでは、12月6日に発売される奇抜とも思える新製品について紹介したいと思います。

【ステップ1】

その名も「メェークロック」。リズム工業から発売される、なんともユニークな目覚まし時計です。

【ステップ2】

現在の時刻・日付・目覚まし設定時間などは、ひとつの画面に「デジタル表示」。直方体の本体の上には、なんともかわいい2匹のヒツジが正面に向かって立っています。

【ステップ3】

アラーム時刻になると「メリーさんの羊」や「ジンギスカン」などのメロディーが流れ、時計の上に立つ2匹のヒツジがリズミカルに動き出すというユニークなものです。

【ステップ4】

そして、時計を持ち上げると「二度寝はダメェ~」「メェ~覚めた?」などの16種類の音声が鳴るという、なんとも込み入った仕様になっています。価格は、4,725円。

【ポイント】

眠れないときの解消法として知られるヒツジの利用は、まさに「逆転の発想」でしょうか。それとも「ヒツジ活用法」を応用したものでしょうか。

目覚まし時計を止めるときは、どうしたらいいのか、そのことについても知りたいですね。
また、時計の上に立っている2匹のヒツジを壊してしまわないか心配になります。勢い余って怪我をすることも……。

目覚まし時計も、いろいろとユニークなものが登場します。ひとり暮らしを始める人へのプレゼントとしても、いいかもしれませんね。