更新日: 2011-01-31 15:51:30

サッカー名言集

著者: EXIA-R2

編集者: EXIA-R2

閲覧数: 1469

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by EXIA-R2

求道者の言葉には強いメッセージ性があります。サッカー関連の名言を集めてみました。

STEP1 FW編

フィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)
「ストライカーにとってゴールは人生そのものだ」

ロマーリオ(元ブラジル代表)
「子供の頃、俺よりうまい奴は沢山いたよ。でも、彼らはきっと自分を信じることができなかったんだろうな。 俺は自分を信じたよ。 幸運は向こうからやってくるものじゃない、自分で探して追いかけるんだ」

ラウール・ゴンサレス(元スペイン代表)
「すべてのゴールは最愛の妻に捧げる」

MF編

ミシェル・プラティニ(元フランス代表)
「サッカーに人種はない」

ロベルト・バッジョ(元イタリア代表)
「試合中は思いついたプレーの中から最も難しいものを選ぶことにしている」
「PKを外すことができるのはPKを蹴る勇気を持った者だけだ」

ジエディーヌ・ジダン(元フランス代表)
「サッカーが簡単だったことは一度もない」

リバウド(元ブラジル代表)
「ワールドカップのトロフィーは黄金だから眩しいわけじゃない。差別も貧富の差もないピッチでの戦いを勝ち抜いた、豊かで強い心に溢れた選手が手にした瞬間に輝くんだ」

デビッド・ベッカム(元イングランド代表)
「戦争とサッカーを同じ次元で語るべきではない。だが、我々が勝利することで人々に幸福感を与えることができるのなら、ぜひ勝ちたい」

ラモス(元日本代表)
「日の丸は最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。どんなに苦しくても、ヒザが痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。これまで何度もそんなことあったね。ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。国を代表して戦うってスゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けてる。自分のためだって? そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの? 俺は日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。ドーハの時、オレは38歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ」

クラレンス・セードルフ(元オランダ代表)
「誰もが川を渡って、金持ちの岸へ行きたがる。だけど、もし世界中の人が人類はひとつの大家族だと思うようになれば、自分ひとりで川を渡ろうとすることはやめるだろう。一人一人が協力して川に橋を架けようと努力すれば、人生の川は皆で一緒に渡ることだってできるんだ」

STEP2 DF編

ビセンテ・リザラズ(元フランス代表)
「どうしていいか分からないときはジダンに任せるんだ。そうすれば、必ずどうにかしてくれる」

パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
「アズーリ(青=イタリア代表の愛称)は、私たちにとって歴史であり、名誉であり、夢であり、勝利であり、すべてを表現する色だといっていいと思う。もしかすると、私たちの血の色は赤ではなくて、アズーリなのかもしれませんね」

GK編

オリバー・カーン(元ドイツ代表)
「GKの『役立たず』と『英雄』は紙一重だ」
「家で唯一飼っている動物といえば俺だ」

ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア代表)
「フットボールは極めてシンプルだ。俺がシュートを全て止めればチームが負けることはない」

ディノ・ゾフ(元イタリア代表)
「GKもワインも同じ。熟したほうがうまい」

ホルヘ・カンポス(元メキシコ代表)
「さあ、これで僕のサッカー教室はおしまいだ。最後にもうひとつだけ憶えておいてほしいことがある。勝ったチームは、負けたチームにも幸あれ、と祈ること。プロでもアマチュアでも、これはキミたちがサッカーを続けていく限り、絶対に忘れちゃいけない約束だよ」

監督・コーチ編

デットマール・クラマー(元日本代表コーチ)
「サッカー、それは本当に素晴らしい競技だ。何故なら、子供を大人に、大人を紳士に育て上げる競技だから」

マルチェロ・リッピ (元イタリア代表監督)
「私がナンバーワン監督だって? とんでもない。私は単に、『ナンバーワンチーム』の監督にすぎないのです」

ファビオ・カペッロ(イングランド代表監督)
「勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学であり、ポエムであり無駄話だ」

アルベルト・ザッケローニ(日本代表監督)
「(2011アジアカップ優勝について)最高の勝利、最高のチームです。チームが団結して、オーストラリアという強いチームに勝ってくれた。日本の国民のみなさん、日本代表というチームがいることを誇りに思ってください。そして今後も温かい目で応援よろしくお願いします」

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

48

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
EXIA-R2

千葉在住の♂です