更新日: 2011-07-20 10:52:33

オーストラリアのお札は破れない?!

はじめに

Photo by williamnyk

オーストラリアのお札はプラスチックで出来ています、その為ハサミなどを使わないと簡単には破れません。

プラスチック製で簡単には破れないということは、たとえ濡れても破れませんから、ビーチに行っても現金をポケットに入れたまま水遊びもできます。お財布不要、安全面での対策はバッチリ!

浜辺に金目の物を残して水に入る必要はないのです!水の中まで現金を持参できる感動を是非みなさまにもご体験あれ。

STEP1 お札の種類

Photo by jerine

オーストラリアのお札は$5札、$10札、$20、$50と$100札の計5種類あります。
$5はピンク、$10は青、$20は赤、$50は黄色、$100は緑と各札はそれぞれの色と大きさで見分けが付きやすいようになっています。日本のお札と違い、お会計時に間違いが起きづらいというメリットもあります。

ちなみに普段の生活の中であまり$100札を目にすることはありません。高い買い物をする時や、大手スーパー以外では、$100札はお釣りの関係で嫌がられます。

特に、バスに乗る時に$10以下のお金を持っていない場合、運が悪いとドライバーさんに、なんで小銭用意していないんだ、と怒られてしまうこともあるようです。そんな時に$100札なんか出したらバスに乗せてもらえないかもしれません。普段使いはでは、$5~$50ぐらいが使い勝手が良いようです。

STEP2 オーストラリアと言えば?

Photo by jeffgunn

ビーチの一言に尽きるでしょう。ビーチに行く時は、なるべく必要最低限の荷物で行きたいものです。浜辺での盗難も横行していますから、なるべく貴重品は持参しない方が良いでしょう。

水着にタオル、日焼け止めと水分、あとは現金で十分ではないでしょうか。食べ物を持って行っても、凄まじい太陽の下、長時間置いておく訳にはいきません。お腹の為にも、できればビーチ周りで何か購入してすぐに食べる方が安心でしょう。

また、ビーチだけでなく、プラスチック製なのでグシャグシャにしても洗濯機でガンガン洗っても大丈夫ということです。水に濡れても拭いて元通り、なんて便利なのでしょうか。また、プラスチック製なので偽造が普通の紙幣よりも難しいという最大のメリットもあります。凄く画期的な紙幣だなぁと思うのは私だけでしょうか?

STEP3 コインは?

Photo by kalleboo

オーストラリアのコインはサイズが面白です。金額順で、一番小さいのが5セント、続いて10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドルの6種類あります。

色は1ドルと2ドルがゴールドコイン(金色コイン)、各種セントコインがシルバーコイン(銀色コイン)というくくりになります。街中でゴールドコインの寄付を~、と声を掛けられることがありますが、少なくても1ドル以上でお願いします、ということになります。おっと、値段の指定まできましたかっと思うのはまたまた私だけでしょうか?

サイズ順ですと、50セントが一番大きく、続いて20セント、$1、10セント、$2、5セントになります。金額は全然違いますが、$2と5セントはサイズがちょっとしか変わりませんが厚さは$2の方が5セントより2倍くらい分厚いです。

STEP4 為替レート

11月29日今現在、オーストラリアドルは対日本円で、大体$1=81円前後で落ち着いています。しかし、オーストラリアドルは乱高下が激しく、一日に3~5円くらい変わる時も稀にありますから、日本円を両替しようと思っている方はこまめにレートをチェックしておくことをオススメします。

またアメリカでは一般的に使われるTCこと、トラベラーズチェックですが、オーストラリアでのTC使用はアメリカほど普及しておらず、もちろん都市銀行などに行けば問題なく現金に換えられますが、小さなスーパーやレストランなどでは使えないこともあります。

レストランに関しては現金支払いのみの店もありますからやはり大小額問わず現金は持ち歩いていた方が安心でしょう。

まとめ

オーストラリアのプラスチック紙幣は世界的に見ても画期的な紙幣で、各国でこのプラスチック紙幣への関心がよせられ、中には導入が検討されて国もあります。

いつかは日本でも諭吉様をプラスチックで見られる日が来るのでしょうか??ちなみに、紙幣に傷を付けるのはいけい事ですからくれぐれも挑戦しないようにお願いします。

http://www.aswho.com/

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

81

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

オーストラリア留学センターグループ公認のOKGuideです。オーストラリア留学に必要な、ノウハウを更新していきます!

■オーストラリア留学センター ...

必要なもの

日本円
豪ドル